クラウン

クラウンハイブリッドは速すぎて燃費も悪くないのに割安

どうも、ジョンです。

クラウンハイブリッドGWS204に乗っています。

この車、はっきり言って速すぎです。
しかも燃費が11程度出ます。
それなのに、いま非常に安く手に入れることが出来ておススメの車です。

なぜこの車を選んだのか?を自分なりに考察します。

まず、速いです。0-100が6秒というスピードです。スポーツカーの86が8秒程度だったので、それより速いです、

WRX STIが4.8秒だったと思いますので、それよりは遅いですが、あっちは燃費7程度と聞きますしゴリゴリのスポーツカーです。

クラウンハイブリッドは燃費9-12程度走ります。

そしてクラウンなので内装や装備も豪華です。

オートドアクローザーという半ドアでも勝手に閉めてくれる機能

リアガラスに可動式のサンシェード

リアシートも15度ほど可動します。

リアシートから音楽の音量調整とか、ラジオのチャンネルも変えれます。

映像出力出来るのはマジェスタだけみたいですね。。。

最近のクラウンはスポーツ志向になりましたが、この200系まではゆったりシート。

助手席のシートポジションも運転席側から変更可能です。

スポーツ走行モードも付いており、ノーマルだと青いディスプレイが、赤く変更されます。

f:id:jona33333:20190419155218j:image
f:id:jona33333:20190419155215j:image

ちょっと子供っぽいですが、トランザム!とか言って赤く出来るのは、けっこう理想的。

また、走行モードによってサスペンションの硬さが変わりますがスポーツでもちょっと柔らかめ。

エコモードだと、ちょっとやわらかすぎるかな。。。

ハンドルの硬さも変わります。

実は毎分燃費計も付いています。自動車専用道路メインの通勤でだいちこれくらいです。

f:id:jona33333:20190419155315j:image

全然知られていないのですが、レーダークルーズが付いています。(グレードによる)

自動車専用道路で通勤している僕にとって重宝しています。前の車の動きに合わせて加減速しなくていいので。

弱点らしい弱点と言えば、重心が高いこと。

やはりコーナリング時のロールは気になります。

ただそれを補って余りありすぎるパワーパワー、ザ・パワー。

ただ踏み込まなければ思ったよりも加速せず、普通にトルクある車だな程度です。

ここがプリウスとの1番の違いと思いますが、静粛性、特にCVTが気になります。

現行型の50系プリウスに代車で乗らさせてもらった時はCVTの音がうるさすぎて無理!でした。

よく遅いと言われますが、60キロ程度までの加速はパワーモードにすると全然遅くなかったので、

これは運転者の問題でしょう。

最近流行りのシートヒーターはもちろん装備、しかも後席にも。

前席にはなんとシートクーラーまであります。

夏場は蒸れにくいのでいいですね。少しヒンヤリするって程度ですが。

今だと乗り出し200万切るのではないでしょうか。

僕はトヨタディーラーで8年落ち6万キロのGパッケージを200万で2018年5月に購入しました。

正規ディーラーの中古車を狙うのがおススメです。

ちなみに0-100キロで下記の動画を見つけました。

www.youtube.com

5.16秒!? 速すぎですね。

ABOUT ME
ジョン
昭和生まれの務め人。1社目を3か月で辞めるも2社目で10年以上継続して勤務中。しかしAI台頭などの時代の流れから会社に依存した現状ではまずいと思い、投資とブログを勉強中。 家庭、家持ち、猫2匹、車3台バイク1台でなんとかやってます。 目標として直近は住宅ローン返済完了、老後2000万円の資金確保。 将来的には別荘購入、レクサスRC-FかベンツAMGを新車で購入、子供の教育費を奨学金使わずに全額払う。
おすすめ記事
  • おすすめの投稿がありません