FX

12/18-19 ポンド円、ユーロドルのオプションカット時のプライスアクション+おまけドル円仕組まれたトランプ砲

どうも、ジョンです。

ポンド円に振り回されまくった。。。

最近、オプションカット時のプライスアクションのデータを取り続けており、勝てる手法に結びつけられないか検証中です。

さっそくプライスアクションを見ていきましょう。

12/19 ポンド円 142.6円買い厚め

買いの厚めオプションということで、反発を期待しましたが期待も虚しく下げ続ける結果に。

この日は現時点で高値143.864円、安値141.987円と、約2円の値動きがありかなり振り回された日でした。

僕も当初は下目線で売りで持っていましたが、緑丸部分が指標発表です。ここで1.4円程度の値動きがあり、さすがに尻込みし、高値で損切してしまいました。
完全にダマシですね。

今思えば、強い売りを持たせる為に乱高下させてオーダーを振り切った、という感じでしょうか。
この値動きは今後の糧にします。

そして問題の赤丸部分、青い四角が本日のオプションバリアでした。しかも買い厚めということで、
厚めということは、絶対抜かせないという力が働きやすい場所です。
にも関わらず、約10分前に下に入り込んでから一度もバリア外に出せず、オプションの防衛に失敗。
そのまま下落する流れとなりました。

バリアが切れた後も、しばらく下落は続き、その後の陽線連続したのは売りの利確と考えています。

1時間足で見ても完全に三尊天井の形が出ており、今後も下落が続くものと考えています。
よく見ると今日の振り切った上昇はフィボナッチに当たってますね。高い勉強代でした。

12/18 ポンド円 143.2円買い

この日はずーっとレンジが続いており、下落させるための圧力もかからなかったため、オプションの防衛に成功したのだと思います。
ただ0時のカットオフタイムにはオプションの値を割り込んでおり、やはり意識した値動きだったのではないかと考えます。

厚めでなくてもレンジであれば防衛が成功しやすいのかもしれません。

12/18 ユーロドル 1.11200買い

こちらも防衛には失敗しております。
三尊天井形成中で強めの下落だったことが、やはり影響しているのかもしれません。

おまけ 12/13 ドル円 109.5売り厚め(意図的なトランプ砲?)

結果的に防衛に成功したのですが、黄色でハイライトされた部分、実はトランプ砲です。
狙っているとしか思えなくないですか?

詳しくは下記の記事で解説しています。

まとめ

いかがだったでしょうか。
オプションカットがあるから死ぬ気で守るかと思っていましたが、そうでもないことがわかります。
ただプライスアクション的には非常におもしろいものになっています。

ここを利用してスキャルで稼ぐことは可能ではないかと考えています。

ただドル円に関してはトランプ砲という最終手段に使っている可能性があります。

もっとデータを取ってみないと、絶対に勝てるとは言えないですが、少なくとも意識はされている、ということが言えそうです。

下記は私見ですが。。。
①ドル円は特に厚めオプションは是が非でも守るために最終手段のトランプ砲を使う。
②流れがあまりにも強いと防衛に失敗する。
③0時に近づくと1回はバリア内に割って入る。

今後も検証を続けていきます。

ABOUT ME
ジョン
昭和生まれの務め人。1社目を3か月で辞めるも2社目で10年以上継続して勤務中。しかしAI台頭などの時代の流れから会社に依存した現状ではまずいと思い、投資とブログを勉強中。 家庭、家持ち、猫2匹、車3台バイク1台でなんとかやってます。 目標として直近は住宅ローン返済完了、老後2000万円の資金確保。 将来的には別荘購入、レクサスRC-FかベンツAMGを新車で購入、子供の教育費を奨学金使わずに全額払う。
おすすめ記事
  • おすすめの投稿がありません