銀行

【もみじ銀行】住宅ローン金利引き下げ成功!僕の成功事例を紹介します。

住宅ローンですが、実は今の金利引き下げる事が出来る可能性があります。

僕はもみじ銀行さんで借り入れしていますが、金利の引き下げを行うことが出来ましたのでご紹介します。

以前の金利は、5年固定の1.075でした。

それを、変動 0.875に下げて頂きました。

住宅ローンは、だいたい5年前に借り入れて当時としては金利低いなーという印象です。

ただ最近になって他社の安い金利に惹かれて交渉しようと奮起しました。

まずは他社の仮審査に通る必要があります。

通ったら交渉スタートです。

僕は三井住友信託銀行さんの仮審査をネタに交渉を行いました。

直接銀行に伺い、そのまま借り換えプラン、8大疾病を入れたプラン(金利0.2%上乗せ)で見積もり。 

ここで住宅ローンの乗り換えにはすごい諸経費が必要だとわかりました。確か60万とかだったと思います。

それでも借り換えメリットがあるから皆さん乗り換えるんですよね。

もみじ銀行さんも、そこは十二分に把握されており、支店に電話すると金利引き下げは応じさせて頂く、と。

ただ条件に関してはかなり細かく聞かれました。

どこの銀行で金利は何パーセントで、審査がどこまで通ったか。

仮審査では、会社によって信用情報を照会するところもあるそうなので、嘘はつけません。

つまり信用機関に、その仮審査をした会社が信用情報を照会した情報が残ります。

そこからは他社いろいろと比べて机上での計算はかなり行いました。

そこで重要なことが発覚します。なんとガン団信に入っていました。それで金利が少し上がっていたそうで。

このガン団信というのが、ガンと診断されたら支払総額がゼロ円になりますという安心システムです。

これ込みだと今のもみじ銀行さんは、かなり頑張ってくれてるなあと思いました。

このがん団信、お笑い芸人の宮迫さんがなったものでも適用できると住宅会社からは説明を受けました。

ここは契約書を要確認でお願い致します。銀行さんによっても違うと思うので。

いろいろ調べた結果、イオン銀行か、もみじ銀行継続かの2択になり、

もみじ銀行さん、ほんと商売うまいんですが、乗り換えた先よりも10万高いくらいの金利を常に出すという、、、

なので、切り替えの手間が面倒なこと、地元銀行に貸しを作るのは将来的に何かあったらプラスかもと考えて、そのままにしました。

ここで、とんでもないことが発覚します。

なんと、金利変更手数料が54000円もかかるということです。まあ泣く泣く飲みましたが、、、

ただ実際に金利変更してもらうと、この手数料が1/10にしてもらいました。

5400円だけ引かれていました。これは手数料の引き下ろし日に銀行員さんが教えてくれました。

理由はよくわかりませんが、信用があると取るか、もみじ銀行からの感謝の意と取るか。

どのみち、この金利変更手数料だけをペイするのに3年くらいかかるなあと思っていたので助かりました。

この0.2%で月々の支払が1700円程度安くなりました。トータルで考えて50万程度の節約ですね。

もみじ銀行さん、最高です。

今後も何かあったら利用させて頂きたいと思います。

なお銀行の金利って短期プライムレートに合わせているそうで、調べたところここ20年程度変わっていないので、

変動金利にした方が個人的にはいいと思います。銀行さんも勧めていました。

だって今の時期、景気がいいとか言われていますけど、それでも短期プライムレート変わってないんですから。 

ABOUT ME
ジョン
昭和生まれの務め人。1社目を3か月で辞めるも2社目で10年以上継続して勤務中。しかしAI台頭などの時代の流れから会社に依存した現状ではまずいと思い、投資とブログを勉強中。 家庭、家持ち、猫2匹、車3台バイク1台でなんとかやってます。 目標として直近は住宅ローン返済完了、老後2000万円の資金確保。 将来的には別荘購入、レクサスRC-FかベンツAMGを新車で購入、子供の教育費を奨学金使わずに全額払う。
おすすめ記事
  • おすすめの投稿がありません