仕事について

うつ病を治したちょっと変わった方法を紹介

どうも、ジョンです。

実はうつ病になっていた事があったのですが、今では完全復帰して仕事出来ています。

まず、このページを見られているあなたは、うつ病になっている、なりそう、という方ではないかなと思います。
でも安心してください。絶対に治ります。普通の会社員ですが、ちゃんと治って、仕事出来ています。
きっとものすごく頑張っているんですね。お疲れ様です。

まず、僕は自分で言うのもなんですが完璧主義なところがあり、わりと真面目に仕事で実績を出していました。

いろんなうつ病のサイトを見られていると思いますが、こういう人って典型なんですよね。
力の抜き方を知らないというか。

事実、僕も常にフルスイングで仕事をし続けていて、また家庭も子供が生まれたあとで育児ストレス、
妻とも毎日言い争いが続き、うまくいってない状況でして気を抜ける場所がありませんでした。

そう、常に気を張っている状態が続いたのです。
そのためか、常に疲れていて、イライラしている状態が続いていました。

ある日、妻から、『最近のあなたはおかしい。ADHDなんじゃないの?病院行ってみて』
と言われ、いやいやそんなはずないだろと思っていたのですが、
ネットでADHDのチェックリストを見てみると、ほぼ当てはまりましたので、
やっぱり病気かも。。。と思って病院へ。
ちなみにADHDが見てもらえる病院と検索し、出てきた病院に行きました。

すると医者から、こんなことを言われます。

『ADHDかもしれないが、今まで普通に生活してこれたなら、きっと問題ないレベルだろう。むしろ話を聞いているとどう見てもうつ病だ。』

と言われ、驚愕しました。まさか僕がうつ病!?と。

うつ病の診断書を出してもらうことになりました。

会社も忙しい時期だったのですが、とりあえず1週間休むことに。
お薬も頂きました。この薬がとんでもなく効いて気分が楽になってきたので、やはりうつ病なのだろうと思いました。

子育ても仕事も忘れ、1週間ほど実家でゆっくりさせてもらいました。そこで中学時代の同級生がポケモンGOを4台持ちしており、よく遊ぶことになりますがそれは別の話(笑)

1週間経って仕事を開始したのですが、得意だったキーボードのタイピングすら、ろくに出来ないほど自分は弱っていることに気づきました。

夏休みの時期でしたが、仕事が超忙しいこともあり、2か月後に2週間休みを頂くということで、
けっこうキツかったですが仕事をこなしながら薬を飲んでなんとかこなしていました。

そして2か月をなんとかこなし、2週間の休みに入った僕は、また実家に帰り、とにかく寝て遊んでおいしいものを食べて、という贅沢な時間を過ごしました。

2週間で少し気力が回復してきましたので、その後は少しペースを落としながら働くことになりました。

ただ、自分としてもこのまま同じ調子で働いてはだめだと思い、少し対策を考えることに。

ここまでのポイント

  • 仕事が忙しいのに家でも口論したり子育てしたりで休める環境がなかった。
  • 仕事を真面目に考えすぎて常に緊張していた

さて、対策なのですが、まず常に緊張しているということが自覚出来始めたので、
緊張している自分をモニター出来ればいいと思いました。ただ当事者だとなかなか気づけないですので、どうしようかと。

ということで、スマートウォッチを買うことにしました。具体的にはApple watchです。

こいつには心拍数をモニターする機能がついており、安定時に心拍数が一定数を超えるとお知らせしてくれる機能があります。

仕事中に、心拍数が80~110で推移していました。デスクワークなのに。
これは、ゆっくり歩いているのと同程度の心拍数です。
ちなみに落ち着いてきた今では60~75程度です。

明らかに緊張しているのが目に見えてわかりました。

心拍数が100を超えると通知する設定にしているので、緊張がわかるようになりました。

そして、これまたApple watchの機能ですが、深呼吸のタイミングを教えてくれるアプリもありますので、
一度席から立ち、深呼吸するように。

仕事自体も持ちすぎていたので、少しまわりに振ってくれた上司の配慮もあり、それを繰り返すこと半年で薬も終わらせました。
2週間~1か月に1回ほど病院に行っていましたが、減薬を続け、お医者さんからもうこれが薬としては最低分量だから、次は辞めてみようか、と。

いやあ、嬉しかったですね。回復するんだな、と。

あれから半年程度経ちますが、今のところ大丈夫です。

そして今では、これはまずいな、ちょっと休んで英気を養おうという判断が出来るようになってきました。

皆さん、安心してください。うつ病は絶対に治ります。

  • しんどい時は思い切って休むことが大事。
  • 体を動かすことが大事。ただ歩くだけではつまらないので、ポケモンGOをすることに。
  • Apple watchは高いですが、心拍数モニターとしては非常に優秀。あと便利
  • 常に自分を俯瞰するように意識。テンション上げすぎ注意。
  • 笑うことで緊張が緩みます。Youtubeでお笑い動画を見ましょう。おすすめはサンシャイン池崎やハリウッド・ザコ・シショウなど、勢い重視の芸人

薬と、テクノロジーの力で乗り切った、ちょっと珍しいパターンかもしれません。
こんな治し方もあるんだよと参考にしてもらえたらなと思います。

ABOUT ME
ジョン
家庭、家持ち、猫2匹、車3台バイク1台でなんとかやってます。 将来の目標は別荘、レクサスRC-Fを新車で購入。 目指せ年収35億