仕事について

就職面接で受かる確率アップさせる方法

どうも、ジョンです。

僕自身、今の会社で働いて13年が経ちます。
転職というのは13年間していませんが(13年前に1度経験)、社内求人の異動面接で2回中2回の合格を勝ちとっており、
面接官の経験もあるので、両方の視点で話が出来ると思い、記事に書いてみることにしました。

  • ポイント①現役のサラリーマン
  • ポイント②面接官の経験もある
  • ポイント③社内求人で3倍の倍率を通った。

それではポイントを解説していきます。

①相手方がなぜ求人を出しているか?を読み解くこと。

もちろん、単純に人員補充の可能性も高いのですが、こういう人が欲しいというのはやはり面接側は明確に持っています。

僕も面接官側では、もちろん持っていました。例えば

  • 最低でも仕事内容は求人票に書いているので読んでいてほしい(逆に答えられないとアウト)
  • この仕事がある理由を考えてほしい。営業部門なら仕事取ってくるのが仕事とか。
  • コミュニケーション能力がある人が欲しい。ヒアリングしながら相手方の悩みを引き出せて最適解を提案できる人がよい。

最低限、求人票に書いてある内容くらいは読み込んでもらわないと、お互いの不幸になります。
逆に質問してくれたら嬉しいですね、興味を持ってもらえてると思って。
出来れば会社のホームページを見て、業務内容も知っておいた方がいいです。

②入社後に、こういうことが出来ます、こうやりたいですと明確な目標を持つこと。

自分のスキルを把握してるのは当然ですが、この求人に対して自分はこういうスキルがあるのでこういう活躍が出来ますと明確に言えることが重要です。

僕の場合、システム設定部門で働いていましたが、システム依頼部門に移る時に、
おたくの依頼はむちゃくちゃだ。だが私ならここで働いていて知識があるので、より精度の高い要求が出来、お互いスピーディに動けて納期短縮になり、品質も上がる。

というようなことを言い、合格を勝ち取りました。(具体的な部分は濁しています)
後で聞きましたが、採用担当者側の強い推薦によりほぼ即決だったようです。この時、3倍の倍率を勝ち取りました。

ここまで考え抜いても受からなければ、逆にラッキーだと考えた方がよいでしょう。
先方との意見がマッチングしなかったためと考えた方がよいです。
やはり会社や部署によって雰囲気が違ったりすることも多いので、入ったあとにお互いが不幸になる可能性もあります。

落ちたことに対して悲観しないでください。
お互いの要求が合わなかった、それだけです。星の数ほど会社はありますので、次を探していきましょう。
無理して相手の会社に合わせない方がよいと僕は思います。

うちの会社にある制度、社内求人。会社内の人材争奪戦です。
イメージですが、ああやっぱりこの人が受かるよなあって人が多いですし社内の異動なので、会社のこともだいたいわかっていて、基本的にゴールは明確。
これ、一番いい人材採用だと思いますね。会社の従業員数は変わりませんが。。。
やはり社内で今の部署はなんか違うとか考えてる人が多いです。
なんか違うと思ったら、辞める前に社内で異動出来るか確認しておいた方がいいでしょう。

皆様がよい会社様とマッチングできますように。


 

ABOUT ME
ジョン
昭和生まれの務め人。1社目を3か月で辞めるも2社目で10年以上継続して勤務中。しかしAI台頭などの時代の流れから会社に依存した現状ではまずいと思い、投資とブログを勉強中。 家庭、家持ち、猫2匹、車3台バイク1台でなんとかやってます。 目標として直近は住宅ローン返済完了、老後2000万円の資金確保。 将来的には別荘購入、レクサスRC-FかベンツAMGを新車で購入、子供の教育費を奨学金使わずに全額払う。
おすすめ記事
  • おすすめの投稿がありません